たるみについてのポータルサイト

たるみになる原因を徹底解剖

加齢、乾燥など肌がたるむ理由は様々ですが、日常生活にも原因が多く潜んでいるので注意が必要です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

たるみの原因

加齢や乾燥など、肌がたるむ要素は多くありますが、日常生活の中にも原因がたくさん潜んでいます。間違ったスキンケアや、食事制限による過度のダイエット、バランスの悪い偏った食生活などもたるみの原因だと考えられています。乾燥にどれだけ気をつけても、普段の生活でたるみにマイナスな行動をとってしまえば、解消されるどころか、逆に進行させてしまう結果となってしまいます。さまざまな原因をしっかりと把握して、たるみに対して間違いのない予防策を考えましょう。

年齢を重ねると、重力に逆らえなくなり皮膚がたるんできます。また、肌のクッション的役割をしているコラーゲンとエラスチンが加齢に伴い減少していくと、肌のハリや弾力が失われたるんでいってしまいます。そのほか、皮下脂肪が肥大がたるみを加速させるとも考えられています。

加齢に伴いコラーゲンが減少してくることで、肌は乾燥していきます。加齢以外にも冬には外気によって、また最近では、1年中エアコンを浴びていることから、夏場でも乾燥しやすくなっています。乾燥から肌を守ることが、たるみ予防の第一歩です。

必要以上に洗顔しすぎたり、洗浄力の高すぎる洗顔料の使用、洗顔後にゴシゴシと顔をふくなど、間違ったスキンケアは逆にたるみの原因となってしまいます。ポイントを押さえて正しい洗顔を行い、化粧水はたっぷりとつけるようにすることが大切です。

食事制限による短期間の急激なダイエットは、皮膚の伸び縮みが追いつかず、体重は減って痩せても肌はたるんでしまった、という結果になりがちです。ダイエットで大切なのは、体脂肪を減らすことです。肌をたるまないようにする最適のダイエットは、食事療法と合わせて運動を行って筋力をつけることです。

アルコール、油脂分の多い食べ物、偏った食生活はたるみの原因となります。たるみの防止に欠かせない真皮層にあるコラーゲンやエラスチンをいつまでも生き生きと保つには、バランスの良い食生活が大切です。とくにビタミンCとタンパク質をたくさん摂るよう心がけるといいでしょう。

運動不足、睡眠不足、姿勢の悪さなどはたるみの原因となります。また、日常生活でのちょっとした気のつけようで、改善できる部分もあります。食事の際には、両側の歯でしっかり噛んで食べることや、笑顔を心がけることでたるみの防止につながりますので、意識して実行するようにしてみましょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)