二重あごの原因には、さまざまなものがあります。

そしてその原因も、現代の生活習慣が関わっていたりするのです。

経験豊富な医師に、カウンセリングで骨格や原因を見極めてもらいましょう。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
切らない施術でたるんだ二重あごを解消

2016年9月14日更新

二重あごを気にしている女性

鏡を見た時、あなたはどんなあごをしていますか?
すっきりシャープな美あご? それとも、たるんだ二重あご?

二重あごの原因には、さまざまなものがあります。
太りすぎならダイエットをすれば改善されるのですが、実は二重あごにはそれほど単純ではないケースも多くあります。
たとえば、痩せているのに二重あごで悩んでいる方や、若いのに急にあごがたるんできて治らない方など……、あごの悩みを抱える方は思っているよりたくさんいらっしゃいます。
そしてその原因も、現代の生活習慣が関わっていたりするのです。

あごがたるむ・二重あごになる原因

あごがたるむ原因のひとつは、先述の通りまず「太りすぎ」が挙げられます。それから、生まれ持った骨格によるもの。

しかしそれ以外で、痩せていたり、まだ若いのにあごがたるんでいる方。この場合は、スマートフォンやPC作業による「下を向く生活」による皮膚や筋力のたるみや、近代の食事が柔らかくなり、噛む回数が減ることによる「顎の筋肉の退化」などが原因と考えられます。

思い当たる節がある場合は、まずは背中に筋肉をつけてピンと背筋をのばし、しっかりと「噛む」生活を続けてみましょう。
生活習慣が原因による二重あごで軽度のものであれば、これだけで改善していくかもしれません。

あごのたるみに、切らないプチ整形はいかが?

ではそれでも改善しない場合や、生活習慣が原因ではない場合についてです。

脂肪なら落とせばいいし、筋力不足なら鍛えれば済む話ではないのか?
そう思われるかもしれませんが、あごの脂肪は複雑に絡み合った表情筋で支えられており、
ピンポイントで筋肉を鍛えるのはとても難しいです。
ガムを噛んだり、表情筋やオトガイ筋を鍛えるストレッチをすることで多少改善できるかもしれませんが、時間を要する上に、効果がどの程度現れるかは未知数です。

また、筋肉ではなく骨格の問題である場合は自力で改善していくのは厳しいでしょう。

ではどうすれば……?
ご心配なく、こんなときには、注射をすることで二重あごを改善できるプチ整形がおすすめです。

たとえば小顔専用脂肪溶解注射であれば、すっきりさせたい部位に注射をするだけで脂肪細胞を溶かして体外に排出してくれます。
脂肪細胞自体を減らしますから、効果は半永久的に続きます。
これってすごいことですよね!

その他にも、あごの形成を助けるヒアルロン酸注射、代謝をよくしてむくみをとるカーボメッド注射など、原因や脂肪の付き方に合わせた実に多様な施術があります。
それほど、あごを美しくしたい方は多いということですね。

原因を見極めて自分に合った施術を!

以上のように、二重あごの原因は様々です。
自己判断で決め付けず、経験豊富な医師に、カウンセリングで骨格や原因を見極めてもらいましょう。
きっと、あなたにピッタリ合った施術を紹介してくれる筈です。

また、あごだけでなく、むくみを取る+顔全体をリフトアップする、二重あごの脂肪をとる+シリコンをいれてあごを形成するなど、トータルバランスを見ながら更に美しくなる手段についても相談にのってくれますよ。

あごがたるんでいると、太ってみえたり、老けてみえたりと気分も落ち込みますよね。自己改善もなかなか難しいので、なおさらです。
でも、改善する手段がないわけではないので、一度専門医カウンセリングを受けてみてはいかが?
あんなに悩んでいたあごのたるみが、簡単な施術ですっきり取れるかもしれませんよ。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)