「活性酸素」って、一体なあに?

活性酸素とは、「身体を酸化させる酸素」のこと

活性酸素が過剰に増えると健康な細胞が酸化されていきます。それは身体の老化につながります。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
活性酸素対策でサビない身体になろう!

2016年8月15日更新

最近よく耳にする「活性酸素」。
体の老化や病気、シミシワやたるみの話など、様々なところで活性酸素の名前が出てくるのですが、一体活性酸素とはどのようなものなのでしょうか。
今回は、この活性酸素について取り上げてみました。

「活性酸素」って、一体なあに?

よく耳にはするけれど、謎のワード「活性酸素」。
活性酸素とは、一言でいうと、「身体を酸化させる酸素」のことです。

活性酸素は、毎日の呼吸の中から、からだの中で自然に発生しています。殺菌作用が強いので、身体に侵入した細菌やウイルスを攻撃して身体を守る役割などを担っています。

しかし活性酸素が過剰に増えてくると、今度は健康な細胞まで酸化させ始めます。酸化させるということは=サビる、すなわち身体を老化させてしまうです。
シミやたるみ、シワの元として名前がよく挙がるのもそのせいですね。

美容だけではありません。活性酸素が過剰に増えるということは、身体の各器官の働きも衰え、老化現象を生み、様々な病気をもたらす原因となるのです。

活性酸素が増える理由

活性酸素が増える理由としては、様々なものが挙げられます。
喫煙、ストレス、疲労、食品添加物の摂取、紫外線、過度な飲酒など。
それらの要因に加え、乱れた食生活や運動のしすぎも活性酸素を多く発生させます。

要するに、一般的に「からだに悪い」とされていることは、大体が活性酸素を増やす要因になるということですね。

アンチエイジングの鍵は活性酸素対策!

以上のことから、たるみやシワに限らず、身体を若く健康に保ちたいのなら、いかに活性酸素を増やしすぎないようにするかが重要になります。

まずは、規則正しい生活と適度な運動をすること。健康的な生活が、一番の活性酸素対策になります。
次に、紫外線ケアと、できるだけストレスフリーに努めること。

そして、抗酸化作用のある食物をとること。
アボカドや納豆、ココナッツオイルなど、抗酸化作用の高い食品はたくさんありますから、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。
栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、アスタキサンチンなどが有名ですね。

きちんとした生活を続けることは、ストレスの多い社会ですと、とても難しいですよね。でも、規則正しい生活を守ることができれば、それが何よりのアンチエイジングになり、身体がサビていく時計をゆっくりにすることができる筈です。

思った以上に身体に影響を及ぼす活性酸素。
シワにもシミにもたるみにも、いつまでも健康で若々しくいられるように、今日からさっそく活性酸素対策を始めましょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)